初々しい自分の姿を想像して

IT企業に入社した新人は、一日でも早く新人から抜け出そうと必死になってIT業務を覚えようとします。数多くのIT業務を経験することで一人前のエンジニアになったときに、新人時代を懐かしい気持ちで振り返っているのだろうと思うのです。

新人の頃から頑張ってきたからこそ今の自分があるのだと強く意識すると共に、新人だからこそ感じるIT企業の新鮮な空気に触発されていたのが窺えます。
入社したてから培ってきたIT知識と技術力を活かして、更なる飛躍をしていこうという向上心を奮い立たせていき、時代を駆け抜けるエンジニアとしての声明を自分のものにしていこうとするのが考えられるのです。

時代の波が自分の味方になっていると感じているエンジニアは、その波に乗るようにしてとんとん拍子に実力を上げていくことでしょう。
ともすれば、上昇気流に乗るくらいの勢いでIT企業で快進撃を繰り出していくと思い、自分こそが今の時代を代表するヒーローなのだと多くの人に知らしめていこうとするのが窺えます。

IT企業に居続ける限り、他の追随を許さないくらいの力を発揮していき、輝かしい程のIT社会を創造していこうという気持ちで溢れるようになるのです。
IT企業に夢を抱きつつIT業務に邁進していき、後世に語り継がれるくらいの結果を出そうとするのが窺えます。光り輝く自分が存在する限り、どこまでも前を向いて走り続けていくのです。その自分の姿に心底惚れ込む方がきっと現れてくることでしょう。

エンジニアとしてどんどん頭角を表していき、会社を飛び出して独立する方がいることでしょう。ITの仕事を愛してやまないからこそ、本業のみならず副業でもエンジニアの仕事をしようとする方がいるのではないかと伺えてくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です